記事の詳細

スポンサードリンク

超低出生体重児(未熟児)・早産児として284グラムで生まれたYちゃんの
成長記録。
NICU(新生児集中治療室)GCU(継続保育治療室)での過ごし方などを記載。
 

平成25年12月29日(日)誕生。生後12ヵ月目、修正8ヵ月目に入りました~(^.^)/~~~
 

超低出生体重児(未熟児)として小さく生まれましたが、それでも
懸命に生きてくれていることに感謝しています。
 

NICUには、8ヵ月入院。その後8月29日よりGCU。GCUでは、4ヵ月目。
 

毎日の日記を書くことにより、超低出生体重児(未熟児)、早産児のパパママたち
の励みになれば幸いです。
 

***************************************

今日は、祝日ということもあって、道は空いていて、駐車場も第一
駐車場に入れることができました。
 
NICU、GCUの受付を13時46分に通過して、NICU、GCU病棟へは14時くらい
に入りました。
祝日と言うこともあって、荷物を預けるロッカーは90%が使われて
いて、私が使ったのは、一番上の一番端でした。
 

左手の肩の痛みは引いてきているので、腕を上にあげてもそれほど
痛くはありませんので、一番の上のロッカー使用でも大丈夫でした。
 

今日の担当は、O石さんでした。
今日は体重測定の日ということで、体重測定と沐浴を一緒にやらせて
もらいました。
 

体重は、6465グラムでした。前回の金曜日の測定から300グラムも
増えているので、担当さんとお手伝いに来てくれた看護師からは
「LWはもういいんじゃないの?」
という声が出ていました。
 

LWというのは、低体重児用のミルクのことを指しています。
Yちゃんは小さく生まれたので、生れてからずっとLWです。
先生もそろそろ普通の子と同じミルクを、と考えているそうですが、
いまだにLWです。
 
LWは普通のミルクに比べて、栄養分が多く入っているので、体重が
増えやすいです。
4日で300グラムですから、ちょっと増えすぎのようです。
 
 
さて、体重測定が終わると、沐浴をしました。
本来は、頭はコット上で洗ってから、体だけをバスで洗うのですが、
看護師さんたちが面倒ということで、体全部をバスで洗いました。
 
看護師さん2人とママの3人でするので、呼吸器を押さえることが
できる人が、1人確保できるので、バスで洗うことは可能だと
思います。
 
先生は、呼吸(酸素)の確保が気になり、いつも呼吸器を押さえる
係りをしてくれていました。
 
沐浴は、上から看護師さん、下からママが洗ってあげました。
沐浴前は良く眠っていて、沐浴の最中はおとなしくしていました。

 
コットに戻ってから、胃管チューブの位置を調整しました。
だんだん、舌で押して、チューブを口の外に出してしまうから
です。
Yちゃんは嫌がり、せっかく新しいお洋服に交換をしたのに、
ミルクを戻していました。
目を開けていましたが、だんだんと目が細くなってきました。
 
胃管からのミルクを30ミリリットル入れているうちに寝てしまい
ました。
 
咳をするときに、ミルクを吐きだしてしまうことも多いので、
寝てくれたほうが、安心です。
 

胃管ミルクは20から30ミリに増えました。
ED(栄養チューブ)からは、80ミリリットルです。
 
予防接種の予診表を提出しました。
その場で看護師さんに教えてもらいながら、見落としがちな保護者の
サインも忘れずに書きました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20160806-05
  2. 20160128-00
  3. 20151229-01

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ページ上部へ戻る