記事の詳細

スポンサードリンク

超低出生体重児(未熟児)・早産児として284グラムで生まれたYちゃんの
成長記録。
NICU(新生児集中治療室)GCU(継続保育治療室)での過ごし方などを記載。
 

平成25年12月29日(日)誕生。生後12ヵ月目、修正8ヵ月目に入りました~(^.^)/~~~
 

超低出生体重児(未熟児)として小さく生まれましたが、それでも
懸命に生きてくれていることに感謝しています。
 

NICUには、8ヵ月入院。その後8月29日よりGCU。GCUでは、4ヵ月目。
 

毎日の日記を書くことにより、超低出生体重児(未熟児)、早産児のパパママたち
の励みになれば幸いです。
 

***************************************

今日は、GCU病棟が15時に面会が終わるというので、急いで病院に
行きました。
NICU、GCU受付で13時8分。NICU、GCU病棟についたのは13時18分ごろ。
今日の担当さんは、病室についたときには、休憩中でした。
他の看護師さんが来てくれました。
 
Yちゃんは遠くから見ても分かったのですが、呼吸器を新しくしました。
呼吸器は自宅に持って帰れるもので、それをお試しでつけていました。
お鼻全体を覆う形のもので、固定は帽子とおでこでします。
固定個所が多いので、ずれにくそうです。
ただ、まだYちゃんのお顔を大きさに比べて、お鼻のマスクが大きいので、
目にかかってしまうので、視界はよくなさそうでした。
 
お帽子は、青色でした。
なんだか、女の子に青色の帽子では可愛くないので、メーカーさんも
もうちょっと工夫をしてピンクの色の帽子とか作ってくれないかな、
と思いました。
でも、帽子はメッシュなので、いま使っているものよりも、通気性が
よさそうです。それは工夫されていると思いました。
 
抱っこができるということで、抱っこをさせてもらいました。
私は通常通りに抱っこをしていたのですが、だんだんと血中の酸素濃度が
下がってきて、85くらいになって、看護師さんが来てくれたところに
先生が登場されました。
 
先生からすると、無理はさせたくないので、
「早くコットに戻してください。」
と指示をされて、
それでも酸素濃度が上がってこないので、
「元の呼吸器に戻します」
と言って、呼吸器は変えました。
変えたら、酸素濃度も安定して、100%も出ていました。
 
新しい呼吸器での顔色もとてもよく、苦しそうではなかったのですが、
先生は
「絶対に無理はさせないでください」
と看護師に指示を出していました。
 
また明日、チャレンジするそうです。
Yちゃんも、新しい呼吸器になってびっくりしたんだと思います。
これから慣れていけば、いいと思います。
 
新しい呼吸器にチャレンジしたので、色々な看護師が来てくれました。
この呼吸器が使えるようになったら、家に帰ることも見えてくるそうで、
暖かくなった春には戻れるといいね、というお話でした。
 
それから、胃管からミルクを入れて、少し経ってから抱っこをさせて
もらいました。
今日は、午前中に沐浴をしてくれたそうです。
看護師さん4人がかりで、大々的にしていたそうです。
 
15時なり、コットに戻して帰りました。
病棟の中には、たくさんのクリスマスツリーがありましたが、すべて
撤去されていました。
手際がいいというか、忙しいですね。こういうところが日本らしいです。
これから、お正月モードですね。
 
また、一歩階段をのぼった、Yちゃんでした。
誕生日は、3日後です。
看護師さんたちは、何か考えているらしく先生にお願いをしている
みたいです。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20151229-01
  2. 20160128-00
  3. 20161018-11

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年8月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る