記事の詳細

スポンサードリンク

超低出生体重児(未熟児)・早産児として284グラムで生まれたYちゃんの
成長記録。
NICU(新生児集中治療室)GCU(継続保育治療室)での過ごし方などを記載。
 

平成25年12月29日(日)誕生。生後12ヵ月目、修正8ヵ月目に入りました~(^.^)/~~~
 

超低出生体重児(未熟児)として小さく生まれましたが、それでも
懸命に生きてくれていることに感謝しています。
 

NICUには、8ヵ月入院。その後8月29日よりGCU。GCUでは、4ヵ月目。
 

毎日の日記を書くことにより、超低出生体重児(未熟児)、早産児のパパママたち
の励みになれば幸いです。
 

***************************************

今日はパパと面会に行きました。
途中に用事があったので、車ではなくて電車とバスを乗り継いで
いきました。
神棚の神宮大麻を新しくするため、この辺りでは大きな神社に
行きました。
 
実は、私は毎日の神棚と仏壇の日供を欠かしたことがないという
人間なのです。そうは見えないでしょ!?
 

その後に、病院にいきました。
NICU、GCUの受付に13時に着きました。その後私はお手洗いに
寄るので、先にパパだけがGCUに入りました。
 
私がNICU、GCU病棟に入ったのは、13時10分くらいでした。
GCUに入るとYちゃんはパパに抱っこをされていました。
 

ちょこんと特等席に得意げに座っていました。
授乳クッションをパパのために持ってきてあげました。
クッションは、授乳室に置いてあるため、パパは入室禁止
なのです。
 

さて、しばらくYちゃんはパパの膝の上にいました。
縦抱っこもさせてもらっていました。
おもちゃでも遊んでもらいました。
 
この後、浣腸をかけるタイミングでコットに戻し、パパは
仕事に行きました。
浣腸をかけました。
浣腸は、一日3回だったのが、一日2回になったと、数日前に
聞きました。
 
浣腸をかけて、15分ほどしてオムツ交換をしました。
ゆるいうんちが少し出ていました。
その後、胃管チューブからミルクを入れました。
ミルクは30ミリリットルだったものが、10ミリリットルに
減りました。
夜中に、ミルクを吐いたからだそうです。
十二指腸チューブから入れているものと合わせて110ミリリットル
を、十二指腸チューブから、100ミリ、胃管から10ミリに
変更したそうです。
総量は変わりません。
 
ミルクを入れているうちにYちゃんは眠くなりました。
気持ちよく寝ているので、今日はこれで帰ってきました。
15時に退出しました。
 
新しい呼吸器は、また今日にチャレンジするということだったのですが、
片づけるということでした。
 
一度返して、またチャレンジする日が来ると思います。
そのときは、またYちゃんも頑張れると思います。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20161025-33
  2. 20161023-29

    2016-10-23

    運動会!!
  3. 20160806-05

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年8月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る