記事の詳細

スポンサードリンク

 

今日は 採血の日らしく 先生が 来られて

採血の 準備を していました。
Yちゃんは 眠っていたので 採血に ちょうどよいと

思われた みたいです。

 

採血を 準備している最中に 心理の人も いたので

私も含めて 3人で お話をして いました。
その後 先生が 採血の準備が 終わったころ

Yちゃんは 起き始めました。

 

採血の ときに 起きていると あばれたり 泣いたり

することが 多いため 寝ているときに チックン

することにしているらしいです。
「これは 大丈夫かな?」

と言われながら 採血。

Yちゃんは 大丈夫。泣きませんでした。

なんで 採血が わかったのだろう?という話に なり
「先ほど しゃべっていたので 先生の 声に 反応
したのでは?」

というのが 先生と 私の答え。
Yちゃんは 耳もちゃんと 聞こえるので

先生の声や 私の声を 聞き分けている ようです。
先生の声を 聞いて

「痛いこと される!」

と 気が付いた みたいです。

 
採血の あとは ママに しばらく ホールディングを

してもらいました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20151029-006
  2. 20160102-02
  3. 20160806-05

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年2月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ

ページ上部へ戻る