記事の詳細

スポンサードリンク

超低出生体重児(未熟児)・早産児として284グラムで生まれたYちゃんの
成長記録。
NICU(新生児集中治療室)GCU(継続保育治療室)での過ごし方などを記載。
 

平成25年12月29日(日)誕生。生後1年0ヵ月目、修正9ヵ月目に入りました~(^.^)/~~~
1歳の誕生日はGCUで迎えて、看護師さんたちに盛大にお祝いをしてもらいました。
感謝しています。
 

超低出生体重児(未熟児)として小さく生まれましたが、それでも
懸命に生きてくれていることに感謝しています。
 

NICUには、8ヵ月入院。その後8月29日よりGCU。GCUでは、5ヵ月目。
 

毎日の日記を書くことにより、超低出生体重児(未熟児)、早産児のパパママたち
の励みになれば幸いです。
 

***************************************
01242
昨日の予定では、14時に面会に行くことになっていましたが、
14時に電話を待つ用事があったので、その前に面会をしました。
12時半にNIUC、GCUの病棟を通り、面会をしました。
今日は、Yちゃんは良く寝ていました。
良く寝ていたので、そっとしてあげました。
担当さんは、Yちゃんの受け持ち看護師さんでした。
ただ、今日は入院があって、それにかかりきりだったため、
私のところに挨拶に来られるのも遅く、忙しそうにされていました。
 
午前中に清拭をしてくださったそうです。入院の準備で沐浴はできな
かったとのことでした。
ドラゴンボールの洋服から、いつものかわいい洋服に着替えをされて
いました。
呼吸回数は1で、供給酸素は、33%から32%に下げられているという
話をしました。
 
今日は、それからチーフのような看護師さんが来てくれて、ドラゴン
ボールのお洋服の話と、Yちゃんが呼吸回数1で頑張っていること。
0124
(↑ 赤マルのところが1になりました。)
それから、
1、Yちゃんは、呼吸回数が0になったときに一人で呼吸ができるかどうか
2、酸素の供給を減らせるようになったら、呼吸器を替えることが
できる
3、この場所から、もっと廊下よりにコットが移動になれば、
退院もぐっと近くなる
というお話をしてくれました。
 
いずれにしても、Yちゃんも少しずつでありますが、発達をして
いることをお話しました。
最近は、お鼻の管が外れていても、顔色が悪くなったり、サチュレーションが
急に下がることがなく、80台で安定しているということ。
GCUに移ったときは、サチュレーションが安定せずに目が離せない
ときもあったので、ずいぶん成長したのです。
 
あとは、朝に起きる時間はだいたい一定していて、一人で起きて、
お話をしているときもあるし、人寂しくて泣き出すこともあるそうです。
 
担当さんは、時々来てくれて、Yちゃんの様子をちょこちょこ見てくれて
いましたが、ずっと寝ていることを確認して
「起きたら、オムツ替えてください」
と言われました。
ただ、寝ているものの、時々体を動かしたり、目を開けたりしましたが、
まだ寝ていました。
私は、13時45分に退出することにしていましたが、それまで目を覚まさずに
いたので、看護師さんにお願いをして出てきました。
 
今日は、電話待ちで早く退出をしました。電話がかかってくるかもしれない
ので、車を運転している最中は電話に出ることができないので、
病院の1階の椅子にて、本を読んでいました。
読んでいた本は、リズ・ブルボー著『【増補改訂版】〈からだ〉の声を
聞きなさい―あなたの中のスピリチュアルな友人 』でした。

面白くて、結局小1時間ほど、夢中になって読んでしまいました。
結局、電話は来なかったので、車にのって帰宅しました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20160128-00
  2. 20160102-02
  3. 20161006-024

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年8月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る