記事の詳細

スポンサードリンク

PIC_6475

(↑ 口に入っていた胃管チューブを鼻に入れることになりました。)

超低出生体重児(未熟児)・早産児として284グラムで生まれたYちゃんの
成長記録。
NICU(新生児集中治療室)GCU(継続保育治療室)での過ごし方などを記載。
 

平成25年12月29日(日)誕生。生後1年0ヵ月目、修正9ヵ月目に入りました~(^.^)/~~~
1歳の誕生日はGCUで迎えて、看護師さんたちに盛大にお祝いをしてもらいました。
感謝しています。
 

超低出生体重児(未熟児)として小さく生まれましたが、それでも
懸命に生きてくれていることに感謝しています。
 

NICUには、8ヵ月入院。その後8月29日よりGCU。GCUでは、5ヵ月目。
 

毎日の日記を書くことにより、超低出生体重児(未熟児)、早産児のパパママたち
の励みになれば幸いです。
 

***************************************

今日は、パパが休みの日ということで、夜に面会に
行きました。
 
19時すぎに家を出て、19時40分にNICU、GCUの受付を
通過しました。
19時45分に病棟のセキュリティを通過しました。
既に消灯の時間となっていたため、照明は消されて
いました。
M本さんが担当でした。
 
ちょうど、Yちゃんのオムツを開けて、綿棒浣腸をして
いるところでした。
担当さんはちょっとせっかちなところがあるため、
その体勢のままで、
「今日は変ったことがあるんですよ。ママはお昼間
来てませんよね?!」
と言われました。
十二指腸チューブが詰まってしまったので、取り替えた
そうです。
口に入っていた胃管チューブを鼻から入れることになった
ため、胃管チューブから入れていた薬などはすべて
十二指腸チューブから入れることになりました。
そのため、薬かなにかを入れたところ、詰ったそうです。
「看護師では入れらないので、頼みました」
と担当さんが言われたので、
「先生が入れてくれたんですか?」
と聞きました。
主治医の先生はお休みだったハズですが、いらっしゃって
入れてくれたそうです。
十二指腸チューブは胃よりも深く入るため、詰まりやすい
ということもあります。
また、入れ直すときにも、十二指腸まで入っているかどうか
確認をするため、レントゲンを撮る必要があります。
午後にレントゲンを撮りましたが、まだ十二指腸まで到達
していないそうです。
チューブの先にはおもりがついています。
それからはYちゃんを右を下にして横向けにさせて、おもりが
十二指腸まで到達するようにしているそうです。
Yちゃんは横向きにすると、足を上げたりしてばたついた
ようで、コットの下半分にタオルを渡して、足を動けなく
させていました。
 
パパがおもちゃで遊んであげました。
しっかりと起きていました。
20時半に退出するまで、ずっと遊んであげました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20160821-16
  2. 20161023-29

    2016-10-23

    運動会!!
  3. 20151229-01

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年6月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ページ上部へ戻る