記事の詳細

スポンサードリンク

0221

こんにちは。
今日も面会の様子です。

今日は、午後から仕事に行くため、午前中に面会をする予定で予定表に
記入してきました。
家を9時に出たかったのですが、寝坊したこともあり、9時半に家を出ました。
それから、電車とバスを乗り継ぎ、NICU、GCUの受付を10時8分に通過しました。
病棟へ入り、看護師さんに挨拶。
今日は、O内さんでした。この方は、GCUのBの部屋に来てから、Y中さんと
ともに、Yちゃんの受け持ちになってくれた人です。
 
昨日の段階で沐浴は、看護師さんにやってもらうようにお願いしていたので、
11時の注入を一緒にやることになる時間帯での面会でした。
「今日は、機嫌がいいみたいで、ニコニコしています」
と担当さんが言われていました。
様子を見ると、かなりニコニコと笑っています。
昨日も、機嫌がよかったのですが、今日はもっとニコニコでした(^O^)
 
ベッドからトッタ―に移し、おもちゃを持たせました。
今日も、おもちゃをあまり握りませんでした。
最近は、自分の指のほうがいいようです。
トッタ―でペロペロとゆびをしゃぶっているところに、主治医の先生が
こられて、聴診器をあてられていました。
「大分、指が上手になってきたみたいですね。」
と言われていました。
先生に診られている間も、Yちゃんはニコニコでした。
 
それから、11時のミルクの時間が近づき、ベッドに戻しました。
胃管より、胃内容物を引き、ミルクを専用の容器に入れて、その先の管に
ミルクを満たし、ポンプの接続前に、EDチューブから胃内容物を戻し、
そして11時にはお薬を入れて、それから、ミルクを接続しました。
今日は、薬を入れることをやらせてもらいました。
ミルクなどの栄養物を入れるチューブで、十二指腸に入れるものをEDチューブ
と云うようです。
 
薬は、液体の薬と、粉の薬があります。
粉の薬は、温かい水に溶かしてから使います。水と言っても、注射用水です。
そして、私は溶かしてもらった、粉の薬をシリンジにいれたものをEDチューブ
に入れさせてもらいました。
粉のため、良く振ってから、入れること。そしてそれでも残った粉には、
さらにお水を足して全部EDの中に入れること。
そのあとに、液体の薬を入れました。
そこで、シリンジのおしりを押して、注入しようと思うのですが、うまく
行かず、看護師に変わりました。
しかし、それでも注入ができなくなってしまいました。
チューブが詰まったようです。
 
先輩看護師さんも来てくれて、さらには、近くにいた外科の男性の先生に
やってもらいました。
結局、1ミリリットルや、2.5ミリリットルのような容量が小さいシリンジを
使う方が圧が高いため、こういう詰まった時には有効らしいです。
その中に水を入れて、注入しようとされましたが、硬くて動きません。
何度もやってもらいましたが、難しいようです。
 
そうしているうちに11時半の回診の時間になり、面会終了の時間となりました
ので、退出しました。
帰る前に、Yちゃんはすっかり寝てしまいました。
 
 
EDチューブは入れるのが難しいため、詰まるまで使います。また、ミルクや薬を
流した後などにお湯や、酢を入れたりして、なるべく詰らないように気を付けて
使います。詰った場合は、最終的に入れ直しになります。
EDチューブは十二指腸に入れるため、胃よりも先にいれます。
 
そのため、胃管チューブは看護師や、私たち家族でも入れることが出来ますが、
医師が入れて、レントゲンで確認をします。
いいところに落ちればいいのですが、胃の中でぐるぐるとトグロを巻いたように
なることもあり、これはレントゲンで見なければわからないため、レントゲンの
撮影が必要です。
落ちていれば、体を右向きにして、チューブの先におもりをつけているので、
胃の先の腸に行くようにします。
 
病院7階のテラスの様子を動画で撮影してみました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20151229-01
  2. 20151029-006
  3. 20160128-00

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ページ上部へ戻る