記事の詳細

スポンサードリンク

0224

今日は、12時40分に家を出て、13時07分にNICU、GCUの病棟へ行きました。
早く着いたため、以前から気にかかっていた先月分のミルク代の支払いをしました。
1ヵ月となると、かなりの高額です。
感謝してお支払しました。
 
病室に行きました。
今日の担当さんはI井さんでした。
いつもよくしてくださります。
感謝しています。
 
担当さんが他の子にミルクを飲ませている間に、私はYちゃんに鏡を見せて遊びました。
鏡を見せると、目を大きく見開いて、見入っていました。
また、鏡を手で持ったりして、動かしていました。
 
それから、髪の毛をブラシで梳かしてあげました。
 

今日は胃管チューブの交換の日でした。
胃管チューブの交換をしました。
古いチューブを抜いて、新しいチューブを入れる。
入れる深さは、27.5センチでした。
 
古いチューブを抜くときに、前回のときに早く抜いたほうがいいと
聞いたので、勢いよく抜いたら・・・
早すぎたらしく、もっと丁寧に抜いたほうが良いそうです(^_^.)
シロウトさんは、なにをしでかすか分からないから、看護師さんもヒヤヒヤだと思います。
それから、新しいチューブを入れました。
この段階で、Yちゃんは涙を流して大泣きしていました。
嫌なことをされるのが分かっているのです。
 
Yちゃんが泣くと、内側から圧がかかるので、チューブが入りにくくなります。
一度やってみて、断念して、もう一度入れました。
今度はうまく入り、さっさと管を印のところまで入れました。
頬にシールを貼って終わり。
 
さて、その後は、ミルクの注入もしました。
こちらは、もう何度もやっているので、順序も覚えてきました。
 
それから、抱っこをしてあげました。
抱っこをしていると、Yちゃんの周りには看護師さんが入れ替わり、立ち代わり、見に来てくれました。
看護師さんたちと話をしていると、胃管チューブを少し抜きました。
少しだけだったので、看護師さんがもとに戻してくれました。
 
Yちゃんは眠たそうに見えたのですが、体をひねったり、反らせたりしてかなり暴れていて、支えるのが大変でした。
30分以上、抱っこをしていたのですが、咳をしだしたので、ベッドに戻しました。
コットからベッドになって、高さが高くなったので、ベッドからの移動は、少し持ち上げてからするようになります。
 
あとは、ベッドで遊んであげました。
今日は早く来たので、16時少し前に退出しました。
 
フローは今日は8に下げていました。調子が良いみたいです。
あと、この病棟には、親子水入らずで過ごすことのできる「ふれあい」と呼ばれる部屋があります。
確か、Yちゃんも家に持って帰ることのできる呼吸器になったら、(今は、病室の壁から出ている酸素の管を使っています)
ふれあいに行くことができると言われていました。
あとどのくらいでしょうか?
楽しみです。

0224 (2)
こちらは、主治医の先生が作られたお雛様。どのくらい小さいか、分かりますか?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20160102-02
  2. 20160821-16
  3. 20151229-01

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年6月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ページ上部へ戻る