記事の詳細

スポンサードリンク

今日は、14時に面会に行きました。
先週の月曜日は駐車場が大変混みあっていたので、今週はどうなるか
わからなかったですが、早めに家を出ました。

道もすんなり、駐車場の混雑もなく、14時には病室に行くことができました。
今日の担当さんは、O部さん。
担当になることはそれほど多くはありませんが、いつも落ち着いて処置を
してくれている方なので安心してお任せできました。
15052501

今日は、ママが来るときにYちゃんはベビーカーに乗せられたそうです。
夜は3時過ぎに起きたそうで、日勤の時間のはじめは少し眠っていて、
10時ごろに起きたそうです。
午前中に一度、吐いたそうです。

今日は、ママが絵本を読んであげても、おもちゃを渡しても眠くて、
あまり遊びませんでした。
15052502
看護相談の看護師が来てくれて、お話。
お泊りの件と、そのときに在宅酸素の機械を設置する件でした。
それから今日は2階の看護相談の部屋に連れて行ってくれるとのことでした。

15時半ごろにまた、病室に来て、一緒に2階にいくそうで、それまでは
Yちゃんと遊んでいました。

看護師さんは代わる代わる見に来てくれました。
退院が近づいてきているので、看護師さんはYちゃんの周りに集まって
くれています。

GCU内で、Yちゃんのいるベッドは「オアシス」のようなもので、
多くの看護師さんが癒されているそうです。
「かわいい、かわいい」
と言ってくれています。

また、他の看護師さんからは、
「外来で来られた時には、3階に上がってきて、顔を見せてくださいね」
と言ってくださいました。
また、
「発達がいいから、Yちゃんの退院後の看護ステーションの訪問看護師は、
成長がみられてうらやましいな」
と言われていました。

あと、マッサージもできればしてあげてください、とのことでした。
オリーブオイルでマッサージをすると血流がよくなるそうです。

今日は、Yちゃんはずっと、眠そうなお顔をしていて、あまり笑顔も
見せませんでした。
15時なって、ミルクをつなぎました。

ほどなくして、看護相談の看護師さんが迎えにきて、2階の看護相談の
ところに行きました。
Yちゃんは在宅で吸入をします。
そのため、どの吸入器を用意するのか、カタログを見せてもらって、
相談しました。

入院中の看護相談は、H口さん、退院後の外来と、上の病棟の看護相談は、
M越さんとなるので、顔合わせもさせてもらいました。

結局、病院にある装置を貸してもらって、病棟で使ってみることにしました。
パリボーイという吸入器です。

今、病棟で使っているものと同じメーカーで形も似ているので、これに
決めようかと思っています。

コンパクトですが、音が少し大きいそうです。
http://www.pari-japan.jp/products/untere_atemwege/produkt/detail/info/product_641.html

吸入器は自費です。

あと、外来の時に診てもらう場所についても、教えてもらいました。
1階の新生児科の場所と、2階のリハビリの場所。

今度から、この場所に通うことになるのだと思って、確認をしました。
今日は、4月分のミルク代をお支払いしました。

退院後のミルクは、市販のものでよいそうです。
病院のミルク代に比べると、とても安くなりそうなので、よかったです。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20160806-05
  2. 20160821-16
  3. 20151229-01

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ページ上部へ戻る