記事の詳細

スポンサードリンク

今日は、午後から用事があるので、午前中に面会に行きました。
今日はYちゃんは深夜に吐き気があったということで、右向きに
させらていました。
150527
それから、まず吸入をして、それから沐浴をしました。
沐浴は、今後のことも考えて私はYちゃんを沐浴時に支えてみたと
思って、お願いしてい支えて、看護師さんに洗ってもらいました。

他の看護師からは、Yちゃんの首のしたから手を入れて、腕を
持つといいと聞いたので、これなら滑ることもなく、しっかりと
持つことができるのではないかと思ったからです。

この持ち方はとってもよく、Yちゃんはおしりもつくことができる
ので、それほど力は入りませんでした。

終わって体を拭いて、ベッドに戻りました。
顔のテープを貼り換えて、ミルクの注入とお薬を入れて、
お薬を入れたマーゲンチューブに水を入れました。

時間が押していたので、今日はカニューラの交換の日ですが、
やり方だけ教わって、看護師さんにやってもらいました。
カニューラは病棟では2週間に一度、交換となりますが、在宅では
どうなるのでしょうか?
1個3万円もするものだそうです。

医療機器や道具類はどうしても高いものが多いですね。

今日の報告としては、最後のお泊りの日の前日6月5日(金)に
お泊りをする部屋に在宅酸素の機械を設置するので、設置するところ
見てほしいということです。
14時から15時の間に病院に面会に来ること。

同じ日の時間をずらして、面会終了の16時までに注入ポンプの説明を
受けます。

それから、6月8日(月)の午後には、病院に看護ステーションや地域の
保健師さんが来てくれて、顔合わせ、在宅Yちゃんのケアについて
お話合いが持たれるそうです。
その時間は私も出席するそうです。

ソーシャルワーカーさんのほうからは、地域の小児科を紹介して
もらいました。
チューブがついてる子を診たことがあり、府中市の予防接種も受けさせて
もらえるところです。

私のほうでネットで調べたところでも、評判は良いところらしいので
よかったです。

病棟看護師からは、夜のミルクの時間について、アドバイスがありました。
今は、23時のミルクが2時間で注入し、1時にクランプをします。
そのあと、5時のミルクまで時間があるので、4時間空き、その間に
ママが寝ることができるそうです。

ただ、4時間という睡眠時間ですが、注入装置を洗ったり、朝のミルクを
用意したりすると、睡眠時間はもっと減ります。
また、Yちゃんは比較的に夜は眠ていますが、ときどき、起きてしまうことも
あるため、毎日その時間をぐっすり眠ることができるとは限りません。
23時のミルクを5時まで流しっぱなしにすることは可能かどうかを聞きましたが、
注入しているときに管を抜く心配もあるので、誰も見ていないときに注入を
することはやめたほうがいいとの意見でした。

看護師としては、
「ママがもう少し眠ることができるように、先生にお話してみます」
と言ってくれました。

私としても眠ることができるほうが助かるのですが、今これで安定を
しているので、変更をなかなか言いにくかったので、よかったです。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20151229-01
  2. 20160821-16
  3. 20160102-02

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年9月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

ページ上部へ戻る