記事の詳細

スポンサードリンク

今日は、13時から訪問看護を受けました。
パパは早く仕事に行ってしまったので、沐浴はできず、看護師さんと一緒に
行いました。

今日は、午前中に9時から11時まで、母にYちゃんを見てもらってそばで、
お休みをしました。

Yちゃんはおばあちゃんに懐いていて、寝返りをうったり、声をあげて笑ったり
していました。

寝返りは、左右どちらも自分でできます。
看護師さんが来てから、寝返りの様子を見てもらいました。

看護師さんは二人来てくれていました。Yちゃんの寝返りの様子にびっくりと
されていました。

Yちゃんはうつ伏せになり、それから仰向けに戻そうと手を貸しても、
うつ伏せに戻ってしまうので、しばらくうつぶせ寝をしていました。

やはりうつ伏せのときには、Yちゃんの体の下に手を入れて、体を支えて
あげたほうがよさそうということです。

それから、沐浴をしました。

お口のリハビリの件について話しました。
やはり、EDチューブがあることによって、管が抜けてしまうのではないかと
いう心配があります。

お口の過敏もないようなので、今度外来に行くときに、お口のリハビリの
やり方を教えてもらって、できればビデオでとって、訪問看護の時に
みんなでやりあいましょう、という話になりました。

お口の過敏が取れてきて、口から物を入れることができるようになれば、
EDチューブではなくて、マーゲンチューブになります。

そうすれば、自宅での管理もかなり楽になります。
それを目指していきましょう。

すぐに1時間が過ぎて訪問看護が終了となりました。

このあとにYちゃんは眠るのかと思ったら、起きていてご機嫌になりました。
和室から、食堂の床にふとんを敷いて、Yちゃんを移動させました。
これで、ママが食堂やキッチンにいるときにもYちゃんを見てあげることが
できます。

それから、ベビーカーに乗せて、ミルクを飲ませました。
飲んだ量は、スプーン5杯ほど。

それから、毎日の私のやることの中で時間がずらせるものがあれば、
やりやすいように変えていこうと思っています。

1つめは浣腸。
毎日浣腸をしていますが、できれば沐浴の前にやりたいものです。
2つめはパルミコートという薬の吸入です。
病院からの指示は10時、22時の一日2回ですが、空いた時間にやっても
いいそうです。
夜の22時では、Yちゃんが寝ているため、暗い中で作業をしていましたが、
これはYちゃんが眠る前の18時ごろに持ってくるようにしたいと思います。
朝も、10時では、11時のミルクと薬と忙しくなるので、朝起きてすぐでも
いいのではないかと思っています。

今日の看護師からは、ママの睡眠のことについて聞かれました。
23時のミルクが終わるのが1時。
朝のミルクが6時です。

誰がその処置をやっているのか、そしてママの睡眠時間についてでした。
実際に1時に私は起きますし、Yちゃんが5時半ごろに目が覚めるので、
この時間には起きます。

うまくミルクの時間を調整して、ママが睡眠をとれるようにしたほうが
よいそうです。
毎日のことになりますので。

実際に、赤ちゃんにとっては、夜に食事があるよりも、21時ごろまでには
食事は終わらせたほうがよいそうです。

私も夜を22時半と、30分前倒しにしたり、朝を6時のところを6時半に
ミルクをつないだりと、時間を確保できるように工夫をしています。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20161025-33
  2. 20151229-01
  3. 20160102-02

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年8月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る