記事の詳細

スポンサードリンク

今日も 午前中に Yちゃんに 会いにいきました。

今日は 体重測定の日です。

楽しみに 行きました\(^o^)/

 

今日の 看護師さんは 男性の Hさんでした。

こちらの NICUのお部屋には 男性の 看護師さんが

3人います。

 

まず 今日は レントゲンの撮影が 入っているとのことで

レントゲンの 撮影が終わってから

体重測定をすることに なりました。

 

いつもは 10時過ぎに レントゲンのポータブルが くる

ですが

今日は 遅れていて 10時20分過ぎに 着ました。

レントゲンの順番も 2番目で 撮り終わったのは 10時半。

 

これから オムツ交換を させてもらって 10時40分くらいから

体重測定を しました。

 

体重測定の前に オムツを交換するのは うんち分が

体重に 上乗せにならないように するため です。

 

 

今日は 本日の担当看護師さんと あと2人の看護師さんの3人で

測定を しました。

 

担当看護師さんが Yちゃんを 保育器から出して 体重計に

乗せて

別の看護師さんが Yちゃんの 呼吸器を担当し 手動で

酸素を 送ります。

 

あと ひとりの 看護師さんが 保育器内の リネン交換を

してくれました。

 

体重測定は Yちゃんも おとなしく していたので

スムーズに いきました。

 

私は 一連の流れを 遠巻きに 椅子に座って

見ていたのですが・・・!

 

体重測定が 終わって Yちゃんを 体重計から保育器に

移す前に 看護師さんに

「近くに 寄って いいですよ~」

と 促されたので 体重計のそばまで 椅子を 近づけ

たところ・・・(゜.゜)

 

看護師さんが Yちゃんを 抱いて 私に 抱っこ

させて くれました(^_^)v

 

Yちゃんは いい子にして 抱っこされていました。

ずいぶんと 重くなりました。

「重くなったね。いい子ね~」

と 声を掛けてあげました。

 

Yちゃんを 抱っこしたときに 思ったことは

「いくらでも 待てる」

ということでした。

 

Yちゃんは まだ 呼吸器が 外れません。

先生も ここで 無理をしたく ないようです。

入院は しばらく 続きますし、退院のめども

たっていません。

 

でも 時間が かかっても 必ず 退院できる日が

くることは 確かなので

 

焦らなくても その日は 来るので

それまで

「いくらでも 待とう」

と 思ったのでした。

 

看護師さんが 抱っこをしている 写真を 撮ってくれました。

 

ここ数日 Yちゃんを 抱っこしたり 沐浴させたりする

自然と 何度も イメージが 浮かんでいたので

不思議だったのですが

 

今日 抱っこさせて もらって

こういうこと だったのか と 納得をしていました。

 

抱っこ中は

血中酸素濃度の 「97」と 外に出て 不安定に

なっているにも かかわらず とても よい

値がでていました。

「やっぱり ママの 抱っこは いいみたいね」

と看護師さんたちが 会話をしていました。

 

 

Yちゃんの 保育器の左の子が 先週に変わりました。

小さな子で 双子ちゃん らしいです。

遠くから ですが その 小さな子が 見えることが

あります。

 

生まれたての 赤ちゃん特有の 赤い肌をしてい

います。

「がんばろうね。」

 

 

Yちゃんが NICUでの 入院が 長いので

左の子は 5人目、右の子は4人目です。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20151029-006
  2. 20160102-02
  3. 20160821-16

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年9月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

ページ上部へ戻る