記事の詳細

スポンサードリンク

最近の子供たちはタブレットを見ている時間が多いです。
タブレットに顔を近づけてみてる子供を見ると
ママとしては心配ですね。
眼科の先生に聞いてみました。

20160408-01

未熟児・早産児・低体重児のYちゃんブログ。

未熟児・早産児・低体重児のYちゃんブログを更新しています。
平成25年(2013年)12月29日に超低出生体重児(早産児、未熟児)として
妊娠22週で、284グラムのYちゃんを出産しました。
2016年4月9日(土)
昨日は受診。
眼科とSTでした。

STのことは昨日書きましたので、今日は眼科のこと。
Yちゃんは近視の傾向があります。

ただ正確な視力は子供がしゃべるようにならないと測定できません。
その前は測定をしますが、おおまかな視力のみのようです。

20160408-02

しましま(ストライプ)を追いかけたり、光を追いかけたり、
プリズムを目に近づけて覗いたりしています。
眼鏡をかけて、測定もしています。
測定はYちゃんが嫌がったりするので30分くらいかかります。

それから瞳孔をひらく目薬を10分おきに2回して診察を受けます。

眼科の先生から近視が出るでしょう、という話でした。
ママからは
「タブレットをすごく近くで見ているのですが大丈夫でしょうか?」
と質問。

先生からはなんと
「見せていいですよ」
でした。

長い時間でなければOKで、さらに刺激になることはドンドンやったほうが
いいとのことでした。

 

近くの内科・小児科に行ったときに
「タブレットはやらないように!!」
というパンフを見つけたので、てっきり禁止されるかと!

でも実際にYちゃんの反応はとてもよくて
タブレットのスイッチをいれると近づいてきます(笑)

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20160821-16
  2. 20160806-05
  3. 20161006-024

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年9月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

ページ上部へ戻る