記事の詳細

スポンサードリンク

Yちゃんは、呼吸器が弱いので 自宅に帰ってからもしばらくは
酸素ボンベ付きです。

 

酸素ボンベ付きなので、外出の時もベビーカーに酸素ボンベを乗せる
必要があります。
 

いまいち、どういう様子になるのか、想像がつかなかったのですが
病院の廊下を歩いていると、時々、赤ちゃんの鼻から管が伸びている
子がいます。
 

こういう子は、だいたい酸素を鼻から送っていて、Yちゃんも
こんな風になるのだろうと思います。
 

 

今日は、そういう子がいたので、少しだけ、それでもじっくりと
観させてもらいました。
 

本当は、声を掛けて拝見させてもらいたいのですが
お相手に迷惑になるかも知れないと思ったので(^_^.)
 

少し遠くから、じっくりと見させていただきました。
 

鼻なら透明の管が伸びていて、その先はベビーカーの椅子の下の
物置きにつながっていました。
良く見ると、ボンベが入っていました。
 

 

ベビーカーが黒で、物置きも黒、そしてもボンベが黒い袋に入って
いたので
良く見ないと、ボンベが入っていることが分かりませんでした。
 

ボンベは、物置きの対角線上に、斜めに入れてありまいした。
 

病院で使っているよりも、実に小さいもので
これなら、持ち運びができそうです。
 

 

物置きも、考えていたよりは小さく、
お店で探せば、ありそうなくらいの大きさでした。
 

 

一度、実際に使っている人を見せてもらったので、
様子が分かって、安心しました。
 

知らないということが、一番の不安要素だったりしますね。
 

ボンベの扱いは、大学、大学院時代に毎日扱っていたので
手慣れたものだと思います。
たぶん、大丈夫。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20160821-16
  2. 20160128-00
  3. 20161006-024

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年8月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る