記事の詳細

スポンサードリンク

今日は、16時50分から面会をしました。
夕方の面会時間について、書きます。

 

日勤の看護師が仕事が終わって申し送りをする時間は、16時~16時45分までです。
面会もこの時間はできません。
 

16時45分からは、面会ができます。看護師は準夜勤に交代します。
 
 

Yちゃんの様子は、私が来たときには、サチュレーションが80台で
他の看護師さんからも
「鳴らしてます」
と言われて、モニターの警告音が鳴っていました。
 

Yちゃんの受け持ち看護師さんが来てくれて、抱っこをさせてもらいました。
 
 

サチュレーションは安定せず、80台でした。
呼吸器の角度などを調整してくれました。ただ、抱っこの場合は、呼吸器の管が
だらんとYちゃんの鼻からぶら下がるので、重みでずれてきてしまいます。
そのため、調整しても、ずれてしまいました。
 
 

看護師さんは、Yちゃんがつけている帽子の上から、管をテープで留めてくれ
ました。
こうすると、90台が保てて、警告音はなりませんでした。
 

サチュレーションが安定していなかったのですが、Yちゃんの顔色はよくて、
ご機嫌でした。すぐにぐっすりと眠りました。
 

Yちゃんは、口を開けて寝ていました。
しょっちゅう、口を開けて寝ています(笑)
 
 
 

看護師さんに、看護相談で注文するものを頼みました。
明日になるかと思いましたが、その場で席を外して、看護相談に行ってくれた
みたいです。
 

担当の方がまだ、いらしたので、注文をお願いできたみたいです。
 

受け持ちさんから、
「今週は、夕方に来られているのですね。」
と言われました。
 

私としては、夕方以降のほうが、道が空いていて、早く病院に行けるので、
その分、Yちゃんと一緒に過ごす時間が増えるので、最近は、夕方に言っています。
 

理由を受け持ちさんに話すと、
 

「ママが疲れちゃったのかと思って、心配しました」
との答えが返ってきました。
 

心配させるつもりはなかったのですが、私が夕方に行くことで、心配をさせて
しまったようです。
 
 

私としては続けて、パパが仕事から帰ってくるのが遅いので、私の時間も数時間
後ろにずらさないと、帰宅時間に会えないから、ということも理由として話しました。
 

それから、私としては、Yちゃんのところに来ることは、もう日課になっているので、
疲れたとか、そういうことはないとも話しました。
 

この説明で、心配が払拭されたでしょうか?
 
 

看護師さんとしては、昼間に来てほしいという、希望はあるみたいです。
 

私は、YちゃんがNICUにいるときに午後2時からの時間帯を1月から3月まで、10時からの
面会を4月から8月半ばまで続けました。
 

そして8月末のGCUの移床に合わせて、また、午後2時半からの時間に面会に行っていました。
 

今は、夕方ですが、時間帯が変わることによって、それほど大きな差はないと思っています。
 

昼間に来てほしい理由としては、色々とYちゃんのお世話ができるから、という理由らしい
のですが、
 

私は、Yちゃんの沐浴の手伝いはできませんし、出来ることは、からだ拭き、おむつ交換、
母乳綿棒くらいです。また、お昼間に行ったからといって、主治医の先生ともお話できる
とは限りません。
 

からだ拭きやおむつ交換は、NICUで毎日していました。
母乳綿棒はGCUに入ってからですが、看護師さんによって、やってくれる人とやらない人が
います。
 

しばらくは、お昼間は、いかなくてもいいかな、と思っています。
 
 

実は、あとでわかったのですが、この時間の担当は別の看護師さんで、
Yちゃんの受け持ちさんは、日勤担当で、そのあと少し残っていて
私とお話をしてくれたみたいです。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20161018-11
  2. 20151229-01
  3. 20160821-16

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2019年9月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

ページ上部へ戻る