記事の詳細

スポンサードリンク

定期診にて

今日は療育園での担当医の定期診でした。
座位保持椅子を作るための意見書を受け取り、
Yちゃんの様子をお話しました。

特に問題なく過ごしていますが、
座位保持椅子の次にはすぐにでもバギーを
作りたいこと、チャイルドシートも小さく
なっていることも伝えました。

先生からは、ママは注入の調整が上手にできてると
おほめの言葉をいただきました。

確かに午後通園から、午前通園になったときに
Yちゃんはお昼の注入で嘔吐することが多かったです。

それをお昼の注入を半分量にすることで嘔吐が
なくなったので調整しました。

あとの半分は帰宅後に入れます。

最近は、嘔吐量を少なくするために工夫をしています。
Yちゃんの嘔吐は注入中に眠くなることが原因です。
そのため、速度を1時間だったところ1時間半で入るように
ゆっくりにしました。

また、嘔吐しそうになると咳をしだすので、このときに
注入を止めることにしました。

こうすると今まで必ず嘔吐していたのが、しなくなったり
量が少なくなったりしました。

嘔吐量の1日量はは今までの半分くらいになりました。
注入の管をつないでいる時間がながくなりますが、
まあそのあたりは、仕方ないかなと・・・

やはり嘔吐が少ないほうが本人も楽だと思うので。

摂食指導にて

後は摂食指導も歯科医の先生が入ってくれました。
ここの療育園の摂食指導は定評があります!

食事の時間にマンツーマンで入ってくれて、しっかり
診てもらっています。

先生から今の量では「ごっくん」まで行かない量(少量)
なので、本人も食べたそうだし、量を増やしたら?
と言われました。

なんと先生からは平スプーン半分の量を指定されてました。
こんなに口に入れたことはありません。いつもは平スプーン
の先にちょっとつけるだけです。

この量を平スプーンでやるとYちゃんの口の周りに
たくさんついてしまうので、

ママの人差し指でやることにしました。こっちのほうが
口に入れやすいです。

量が入ってもYちゃんは嫌がらずに口の中で味わって
ごっくんできました。

いいところを見せられて満足でした。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20160806-05
  2. 20161018-11
  3. 20160128-00

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2017年12月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ページ上部へ戻る