記事の詳細

スポンサードリンク

超低出生体重児(未熟児)・早産児として284グラムで生まれたYちゃんの
成長記録。
NICU(新生児集中治療室)GCU(継続保育治療室)での過ごし方などを記載。
 

平成25年12月29日(日)誕生。生後12ヵ月目、修正8ヵ月目に入りました~(^.^)/~~~
 

超低出生体重児(未熟児)として小さく生まれましたが、それでも
懸命に生きてくれていることに感謝しています。
 

NICUには、8ヵ月入院。その後8月29日よりGCU。GCUでは、4ヵ月目。
 

毎日の日記を書くことにより、超低出生体重児(未熟児)、早産児のパパママたち
の励みになれば幸いです。
 

********************************
今日は、いつもよりも早めに面会に行きました。
NICU、GCU病棟の受付には、13時5分。
その後、NICU、GCU病棟へは、13時10分くらいに行きました。
 

今日は、その後用事があるので、14時をめどに退出です。
 
 

GCUに入ると、いつもよくしてくださる看護師さんが、他の
子にミルクをあげながら
 

「Yちゃんは、先ほどまであばれていたけど、眠ったみたい
ですよ」
と教えてくれました。
 
 

Yちゃんのところへ行くと、今日の担当看護師さんはSさんと
書いてありました。
 

Sさんは、見当たらないので、休憩に入っているのだと
思います。
 
 

私も、今日は13時半に面会予定とカレンダーに記入してあった
ので、その前に休憩に入られたようでした。
 

Yちゃんは右向きに寝かされていました。ニップルを口にくわえて
寝ていました。
まったく起きる気配はありませんでした。
 

呼吸器の回数が8から7に変更になっていました。
供給酸素は30%で、変わらずです。
 

前回チャレンジしたときの同じ7になりました。
ここまで、戻ってこれたので、よかったです。
 

15分ほどして、担当さんが戻ってきてくれました。
 
 

「ママが起こしてもいいですよ。抱っこもしていいですよ」
と言ってくれたのですが、せっかく寝ているのに起こすのは
可哀そうだったので、
 

今日は、そのままコットに寝かせて、触ってあげていました。
起きたら、抱っこをしようと思いました。
 

呼吸器は、加湿をした酸素を送っているため、管に水がたまり
ます。
 

それが逆流して、鼻に水が来ることがあります。
寝ている間に、2回ほど、水が出たのですが、Yちゃんは気にせずに
眠っていました。
 
 

14時前に、いきなり目をパッと開けて、体ももじもじして起き
だしました。
看護師さんは他の子を看ていましたが、気がついてきてくれました。
 

オムツ交換をしましょう、ということで、私がオムツを替えました。
うんちの量は普通でした。大量におしっこが出ていました。
 

時間になったので、今日は抱っこをしないで帰りました。
 

Yちゃんは、夜はまとまって寝ることができるようになっているそうです。
生活のメリハリがついてきたそうで、
 

これなら、家に戻ってきたときに楽かもしれないと、私は嬉しがって
います。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20160102-02
  2. 20151229-01
  3. 20160821-16

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年5月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る