記事の詳細

スポンサードリンク

超低出生体重児(未熟児)・早産児として284グラムで生まれたYちゃんの
成長記録。
NICU(新生児集中治療室)GCU(継続保育治療室)での過ごし方などを記載。
 

平成25年12月29日(日)誕生。生後12ヵ月目、修正8ヵ月目に入りました~(^.^)/~~~
 

超低出生体重児(未熟児)として小さく生まれましたが、それでも
懸命に生きてくれていることに感謝しています。
 

NICUには、8ヵ月入院。その後8月29日よりGCU。GCUでは、4ヵ月目。
 

毎日の日記を書くことにより、超低出生体重児(未熟児)、早産児のパパママたち
の励みになれば幸いです。
 

********************************

今日は、13時35分にNICU、GCU受付を通過して、NICU、GCU病棟には、13時45分に
到着しました。
昨日とほぼ同じ時間でした。
 

今日の担当看護師さんは、Sさんです。
YちゃんがGCUに入った時から、担当になることがあって、とてもお優しい
Sさんです。
 
 

Yちゃんのそばに行くと、左向きに横向きにされていました。
すぐに
「抱っこをされますか?」
と聞かれたので、抱っこをさせてもらうようにしました。
 

私は、長いときには、2時間くらい抱っこをしています。
Yちゃんは呼吸器がついているので、コットから移動するときには、必ず
看護師さんに持ってもらっています。
 

そこで、私が抱っこをして、あまりYちゃんを動かすことができないので、
授乳クッションを使って、Yちゃんの体をクッションに預けて、抱っこを
しています。
 
 

昨日は、併設の授乳室に行き、クッションを探しましたが、いつもは、
山積みになっているクッションが、一つもありませんでした。
 

そこで、看護師さんに
「今日はクッションがなかったです」
とお話しすると、看護師さんも、もう一度見に行ってくれましたが、
やはり、置いてなかったです。
 

最近は私が面会をするこの時間は、荷物を預けるロッカールームの使用率
が高く、面会をされるご家族が多いみたいです。
 

そのため、クッションの使用率が高いようです。
 
 

今日は、
「クッションなしで、抱っこしてみます」
と言って、Yちゃんを抱っこしました。
 

クッションがあると、膝の上にクッションを乗せて、その上にYちゃんを
乗せることができるので、腕にかかる体重負担がありません。
 

今日は、Yちゃんの5.6キロの体重を腕に乗せることができました。
GCUの中にある椅子は、肘付きのものと、肘なしのものがあります。
 
 

私はいつも肘付きを使わせてもらっています。
この肘あてにYちゃんの頭を乗せている腕を乗せて体重分散をしました。
 

反対の手はおしりを持っています。おしりは、膝の上に乗せました。
ただ、これでもやはり体重がひしひしと腕にかかってくるので、今度は、
肘あての上にタオルを置いて、腕を置く場所を高くしました。
すこしは、楽でした。
 

そうしているうちに、1時間が過ぎて、今日はこれでYちゃんをコットに
戻しました。かなり、腕に響きました。
Yちゃんはご機嫌で、かなり動いていました。
 

コットに戻ると今度は、左向きにされました。少しおもちゃで遊んで
帰りました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20161023-29

    2016-10-23

    運動会!!
  2. 20160806-05
  3. 20161018-11

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ページ上部へ戻る