記事の詳細

スポンサードリンク

先日、YouTubeにコメントをいただきました。

「障害児を見せものにしてお金を稼いでいるのは見苦しい」というものでした。

まったく常識的なご意見でごもっともだと思います。反論の余地はありません。

(補足になりますが、お金を稼いでいるというのは、YouTubeには動画が再生されると広告料が発生することを言われているのだと思います。)

【ブログ作成の経緯】

私がYちゃんを生むことになったときに、これだけ小さな子が生きられるのかが一番心配なことでした。

病院内は通話はできませんが、スマホの持ち込みは大丈夫。それで小さく子供を産んだ先輩ママたちのブログなどがないか、探して読んでいました。

しかし、上位検索されるブログは残念ながら早産で生まれてすぐに亡くなってしまう子の記録ばかりでした。

希望を求めてネット検索しても、これではまったく絶望的。精神的によくありません。

そのため、私自身はこの子について少しでも世の中に知ってもらいたいと思いました。
退院後、体調がすぐれませんでしたが、パソコンに向かえるくらいになると、ブログを書き始めました。
これから小さく子供を産むことになる方のために少しでも希望を与えたいという思いで、Yちゃんの成長記録をつけることにしました。

また、世間一般的に未熟児で生まれた子に対する認知が少なく、私や子どもについて理解されないことが数多くありました。
私自身も、これからの子育てに不安があり、同じ子供を持った家族と交流したいと思っても、どうやったらいいのか・・・?まったくわかりませんでした。そこで私自身から情報発信をしなければ、情報は集まらないと決意し、ブログを始めることにしました。

もちろん顔写真を出すことは抵抗がありました。でもこうやって出すからこそ、勇気をもらえる方もいるんじゃないか、同じ境遇の方と繋がれるのではと思って、思い切って公開してきました。

動画についても同じです。動画公開も抵抗がありました。しかし、出すからこそ価値があると思って公開してきました。

ただそれを快く思わない方もいるでしょう。今回コメントいただいたことでそのことがよくわかりました。

また、私自身、昨年から子供を療育園に通わせることができ、同じような境遇のママたちと繋がることができるようになりました。また療育専門の熱心なドクターたちに相談することにより、今までのような漠然とした不安。不安に押しつぶされそうになることは少なくなりました。

そう考えると、このブログのお役目もある程度、終わったのかなと思いつつもあります。

そこで今回コメントいただいたことにより、YouTubeにアップしたものは今後、非公開または限定公開という措置をとることにしました。

世の中には色々な意見があり、今回の意見もありがたく頂戴いたします。ただ子供を見せものにしてお金を稼ぎたいと思っている親がどこにいるのだろうと考えたりします。そんなこと思ってもみませんでした。常識的な親なら、そんなことはしないと思います。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20151029-006
  2. 20160806-05
  3. 20161025-33

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

ページ上部へ戻る