記事の詳細

スポンサードリンク

女の子の陰部。
Yちゃんは訪問看護師さんに毎日のように体を見てもらっています。
時々、陰部が大きくなっているときがあります。
小児科医の先生に聞いてみました。

未熟児・早産児・低体重児のYちゃんブログ。

未熟児・早産児・低体重児のYちゃんブログを更新しています。
平成25年(2013年)12月29日に超低出生体重児(早産児、未熟児)として
妊娠22週で、284グラムのYちゃんを出産しました。

2016年2月20日(土)
今日は訪問看護が来ない日なので家族で沐浴。
パパは朝から出かけてしまって、お昼に戻ってきてまた外出。
その合間を縫ってYちゃんを沐浴。

20160220-00

Yちゃんのママは足首をねんざ。
沐浴はパパ中心でやってもらうことに。

浴槽の上にふたをして上にベビーバスを乗せて洗いました。
パパも不慣れなので石けんをつけてサッと洗って終わり。
取り敢えず完了。

20160220-01

女の子の陰部が大きくなるときがあることについて。
小児科医の先生に聞いてみた!

「出産時のスクリーニング検査で副腎・・・の異常は言われた!?」
「もし聞いてないなら大丈夫だと思うよ」

ということでした。
陰部が大きくなる原因は副腎皮質ホルモンのようです。(←今調べた。)

訪問看護師さんの一人がすごくこのことを心配されていました。
他の2人の看護師さんは正常だといわれていました。

ホルモン異常でこういうことが起こるそうです。
ただ日本では新生児のスクリーンぐ調査を行っていて異常があれば治療をしてくれるそうです。

別の訪問看護師さんは、その症状のある子を実際に見たことがあるそうです。
女の子の陰部ですが、男の子のもののように飛び出していたそうです。
結局その子は手術をしたそうです。

副腎性器症候群(ふくじんせいきしょうこうぐん)で調べると詳しく出てきますよーー。

ベルメゾンのママとベビーのためのカタログが届きました。

20160220-02

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20160821-16
  2. 20161025-33
  3. 20160128-00

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ページ上部へ戻る