記事の詳細

スポンサードリンク

もし、持ってきていない場合は、病院のものを貸し出してくれるそうです。
ただ、同じものを買って返すことになるので、
少し面倒です。

 
また、病院でつかっている種類のパンパースは、高めなので、なるべく
気を付けて、時期を見てもってくるようにしています。
 
 

パンパースには、2種類ありまして、紫のパッケージの「はじめての肌への
いちばん 5つ星の肌へのやさしさ」と緑色のパッケージの「最長12時間吸収で
お肌さらさらで一晩中のゴールデンスリープ」です。
 

病院で使っているのは、紫のもので、私が買っているのは、緑のものです。
 

その他には、メリーズを試してみました。
違いはそれほど、分かりません。
病院側としては、どのおむつを持ってきてもらってもいいとのことなので、
色々と試すのも、おもしろいかもしれません。
 
 

さて、おむつ交換をしてから、抱っこに入りました。
Yちゃんは、朝一と、午後一に大泣きをしたそうです。
 

私が来たときには、ぐっすりと眠り、おむつ交換をしても起きずに
抱っこで移動するときにも、起きませんでした。
 

その後、目を開けてもご機嫌にしていて、酸素濃度も下がることはありません
でした。
 
 

呼吸器のほうも圧が安定してかかり、警告音は鳴らずにいました。
2回ほど、Yちゃんが鼻息をすると、警告音がなりました。
 

弁のようなものが入っていて、呼吸器は通常は酸素を出しているのですが、酸素が
入ってきたときに、警告音が鳴るようになっています。
 

Yちゃんが鼻息をかけると、警告音がなってしまうことになります。
 
 

抱っこしている間に、私がお渡しした母子手帳に、体側の結果を書いてもらいました。
 

母子手帳を持ってきたのは、今回が初めてなので、過去1ヵ月目からの体側を
全部書いてもらうことになり、時間がかかっていたようです。
 

私としては、いままでの記録が一つのまとまったので、うれしく思いました。
 
 

時間になったので、Yちゃんをコットに戻しました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20161018-11
  2. 20161023-29

    2016-10-23

    運動会!!
  3. 20160821-16

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2019年9月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

ページ上部へ戻る