記事の詳細

スポンサードリンク

0113
(↑ 下の歯が生えてきました)
超低出生体重児(未熟児)・早産児として284グラムで生まれたYちゃんの
成長記録。
NICU(新生児集中治療室)GCU(継続保育治療室)での過ごし方などを記載。
 

平成25年12月29日(日)誕生。生後1年0ヵ月目、修正9ヵ月目に入りました~(^.^)/~~~
1歳の誕生日はGCUで迎えて、看護師さんたちに盛大にお祝いをしてもらいました。
感謝しています。
 

超低出生体重児(未熟児)として小さく生まれましたが、それでも
懸命に生きてくれていることに感謝しています。
 

NICUには、8ヵ月入院。その後8月29日よりGCU。GCUでは、5ヵ月目。
 

毎日の日記を書くことにより、超低出生体重児(未熟児)、早産児のパパママたち
の励みになれば幸いです。
 

***************************************
今日は、午前中10時にCT検査があるということだったので、午後に
面会に行きました。
面会の後に仕事の打ち合わせもあるので、車ではなくて、電車と
バスを乗り継いでいきました。

13時20分には、NICU、GCUの受付を通り、病棟についたのは、13時半
でした。
 
今日の担当さんは、Yちゃんの受け持ちさんでした。
Yちゃんは薬で眠らされていました。
また、午前中はCTの調子が良くなく、14時20分から撮るということでした。
それまで、Yちゃんを起こさないようにして、静かにそばにいて
あげました。
 

時間になって、担当さんが電話をして、Yちゃんが寝ていることを
確認して、病室から出る準備を始めました。
Yちゃんは生まれてから、ずっと病室にいたため、はじめて、
病室の外にでることになります。
行先は、病院の中ではありますが、NICU、GCUという気圧、気温が
管理されて衛生が行き届いているところから、はじめて外に
出されることになります。

準備が始まり、オムツ交換は、おしっこもうんちも出ていなかった
ので、しませんでした。
私は一度病棟の外にでました。
Yちゃんは準備が出来て、病室の外に出て来て、私の前を通過して
いきました。
Yちゃんはそこから1階に降りて、放射線科に行きます。
 
担当さんからは、30分くらいかかると言われていて、待っていましたが、
10分ほどですぐに帰ってきて、また病室で面会をしました。
Yちゃんは薬が効いていて、ずっと寝ていました。
15時半までそばにいて、それから帰りました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20161006-024
  2. 20161025-33
  3. 20151029-006

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年9月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

ページ上部へ戻る