記事の詳細

スポンサードリンク

超低出生体重児(未熟児)・早産児として284グラムで生まれたYちゃんの
成長記録。
NICU(新生児集中治療室)GCU(継続保育治療室)での過ごし方などを記載。
 

平成25年12月29日(日)誕生。生後12ヵ月目、修正8ヵ月目に入りました~(^.^)/~~~
 

超低出生体重児(未熟児)として小さく生まれましたが、それでも
懸命に生きてくれていることに感謝しています。
 

NICUには、8ヵ月入院。その後8月29日よりGCU。GCUでは、4ヵ月目。
 

毎日の日記を書くことにより、超低出生体重児(未熟児)、早産児のパパママたち
の励みになれば幸いです。
 

***************************************
今日は、パパがお休みだったため、夜に面会に行きました。

NICU、GCUの受付を7時に通り、NICU、GCUの病棟へは7時10分に
入りました。
 
クリスマスツリーがきれいでした。
今日まで、ですね~
 
今日は、O石さんが担当でした。
半分消灯をしているところでした。
Yちゃんは起きていて、目が爛々と輝いている眠る気配は見せて
いませんでした。
 
パパは久しぶりの面会なので、抱っこをしたがっていて、担当さん
に聞いてみましたが、
「夜は看護師の数が少ないので、抱っこはできません」
と言われてしまいました。
 
ただ、以前に他の看護師の場合では、大丈夫だったこともあり、
担当によって、できるときとできないときがあるようです。
しばらくYちゃんと遊んであげました。
パパは、おもちゃで遊んであげて、30分くらいして病室を出ました。
抱っこができなかったので、飽きちゃったらしいです。
 
私はその後も残って、Yちゃんの体を触ったりしていました。
担当さんが来て、
「ママがいるうちに、注入してもいいですか?」
と言われて、胃管チューブから入れるミルクを持ってきてくれました。
 
チューブからミルクを入れるために、上向きにされたYちゃんは
目が半開きになっていました
この様子は眠たいようです。
ミルクを入れているうちに眠たくなり、すぐに寝てしまいました。
 
明日は、GCUは午後の面会が15時までです。通常は16時なのですが、
1時間早いため、私も早く来た方がよさそうです。
 
退出は、20時20分ごろでした。
 
 
駐車場から病室に入るときに、救急車のサイレンの音を聞きました。
ここはERもある総合病院ですので、救急車はひっきりなしに来ます。
私は、昨年の今日、12月25日にこの病院に入院をしました。
他の総合病院から、救急車で母体搬送されました。
初めての救急車でした。
 
そして、MFICUに入れられ、わけのわからないまま入院。
手術、出産となりました。
 
いま思えば、前の病院からの指示にしたがわなく、自分の意志で
この病院に入りたいと言ったのが、結果としてよかったと思っています。
自宅からも比較的近く、1年間通うと考えたら、近いところがいいに
決まっています。
前の病院が紹介してくれたところは、新橋の本院か、または世田谷の
国立病院でした。
どちらも、当時調布、今は府中に住んでいる身からするととても
遠い病院です。
 
その後、子供のお見舞いに通うことを考えたら、とても通いきれる
ものではありませんでした。
 
この病院に入れたことに、感謝しています。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20151029-006
  2. 20160821-16
  3. 20160806-05

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年8月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る