記事の詳細

スポンサードリンク

本日は ひとりで面会に行きました。

 

午後3時ごろに 病院に着きました。

いつもの通りに NICUのインターホンを 押して

「○○(赤ちゃんの フルネーム)の母です。」

と名乗りました。

 

 

その後 セキュリティを 通って

手洗い場で 手を洗ってるところに NICUの 事務担当の

方が 来られました。

 

「Yちゃんは 今日から GCUに 移ったんですよ~」

と 声を かけてくれました。

私は 手を洗っている 最中だったのですが

「そうなんですか~」

と 言いつつ 素早く 手洗いを済ませて

事務員さんに 連れられて GCUの前に 連れていかれました。

 

 

ここで GCUの 事務員さんに 交代をして

いざ GCUの 中へ・・・

 

事務スタッフに連れられて GCUに入ると 

いつも お世話になっている 看護相談の 看護師さんが 

たまたま いらして

「待ってましたよ~ 早く Yちゃんのところに 行ってあげて

くださいね」

と 手を 振りながら 声を掛けてくれました。
 

 

手洗いをして Yちゃんの ところへ 案内されました。

私は 3時ごろに 面会に行ったのですが Yちゃんが GCUに

移送されたのは 2時だそうです。
 
 

移送後 忙しくしている中 面会となりました。

看護師さんも すべて GCUの専門の 方になるので 全員

私にとっては 新しい人です。
 

主治医は 変わらず 担当医は NICUでも 顔見知りの 先生に

変わっていました。
 

 

Yちゃんの 保育器の前に行くと 看護師さんがいらして

GCUでの 決まり事の説明を受けました。
 

母乳のことも やり方が NICUと変わるので その説明を 受けました。

「ママ 8ヵ月も 搾乳を続けていて 素晴らしいですよね」

と ねぎらいの言葉を いただきました。

 

 

 

Yちゃんは 寝ていましたが そのうちに 目を開けて 泣きだしました。

泣くときは おしゃぶりをすると だいだい 機嫌がよくなりので

おしゃぶりを 探したところ

 

いつもの お気に入りの 紫のおしゃぶりが なく

 

通常の 哺乳ビンの 頭の部分だけを 取り出した おしゃぶりしかなくて

取り敢えず それを 咥えさせました。

 

「紫の チュッチュは ないんですか?」

と 看護師さんに 聞いたところ それは NICUだけに あるものとのこと。

 

これから Yちゃんは 普通の おしゃぶりを 使うことになります。

咥えさせると ぺろぺろして 満足したようすになりました。

 

 

NICUで 担当をしてくれることの 多かった 男性看護師さんが

来てくれて

「Yちゃん とうとう GCUですね~

というより 僕が 搬送したんですよね~」

と教えてくれました。

 

Yちゃんの お薬を GCUの 担当看護師さんに 届けるために

来られた ようでした。

 

 

今日は 呼吸回数9にしてありました。

どうも 苦しいらしく 呼吸数が100を 超えることが 多いようでした。

一応

「今日は 抱っこできますか?」

と お伝えしたところ 難しいとの 回答でした。

 

 

抱っこは 明日でも いつでも できるので ホールディングを

1時間ほどして 帰ってきました。

 

 

夕方は 16時で 終わりなので 16時前に 帰ってきました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20161018-11
  2. 20160806-05
  3. 20160128-00

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ページ上部へ戻る