記事の詳細

スポンサードリンク

超低出生体重児(未熟児)・早産児として284グラムで生まれたYちゃんの
成長記録。
NICU(新生児集中治療室)GCU(継続保育治療室)での過ごし方などを記載。
 

平成25年12月29日(日)誕生。生後12ヵ月目、修正8ヵ月目に入りました~(^.^)/~~~
 

超低出生体重児(未熟児)として小さく生まれましたが、それでも
懸命に生きてくれていることに感謝しています。
 

NICUには、8ヵ月入院。その後8月29日よりGCU。GCUでは、4ヵ月目。
 

毎日の日記を書くことにより、超低出生体重児(未熟児)、早産児のパパママたち
の励みになれば幸いです。
 

***************************************
写真

今日は、13時40分にNICU、GCUの受付を通りました。いつものように
お手洗いに寄ってから、3階に向かいました。
 
3階についてから、NICU、GCU病棟前のロッカールームに入る前に
手に持っていたはずの100円玉を確認したところ、ありませんでした。
ポケットなどを探しても見当たらず、新しい100円玉でロッカーに
入ろうとしましたが、でも、お手洗いから出た時には持っていたので、
一度1階のお手洗いに戻りました。
 
手を洗うところに、100円玉がそのまま残されていました。
ラッキーでした。
それでまた、3階に戻り、セキュリティを通過したのは、14時少し前
でした。
 
今日は、Yちゃんは良く寝ていました。
予防接種はこれからするということで、寝ているYちゃんには試練の日
となりました。
 
先生が来られてからも、ずっと寝ていて、体を触って起こすのですが、
なかなか目を開けません。
いよいよというときになって、先生と担当看護師と私で体を触り、
やっと目が覚めたところに、右手にチックンをされました。
 
今日は、3つの注射をします。
Yちゃんはステロイドを投与しているため、生ワクチンは接種できません
ので、BCG以外をしました。
4種混合、肺炎球菌とヒブです。
 
次に左手、そして左脚でした。
Yちゃんは針を刺されると大きな声で泣きましたが、それ以外に泣き続ける
ことはありませんでした。
 
ストレスを感じると、人間はステロイドを出すそうです。ただYちゃんの場合は
つねにステロイドを投与しているので、自分で作り出す力が少ないため、
場合によっては、ステロイドを一時的増やすこともあるそうです。
2日くらい様子をみるそうです。
 
その後に、胃管チューブのテープを貼り直し、次に胃管からミルクを入れました。
右を下に横向きにされました。ミルクが終わってから、咳をしたら、ミルクを
少し吐きました。
 
母子手帳も持っていったので、予防接種の記録を記載をしてもらいました。
 

しばらく一緒にいてあげて、15時半に退出しました。
 
今、YちゃんはSサイズのオムツを使っていますが、サイズが合わなくなって
来ています。
今日の担当さんには、次は上のサイズを、と言われました。
実は、家に3個もあります。
そのうち2個は、生協で頼んだものです。
家に帰ってから電話をして、返品をしたいと言ったら、今日まで締切で、
返品はできるということでした。
 
生協は、食品以外は返品可能なので、頼んでみて、気に入らないものなどは
返品をさせてもらっています。
かなり助かっています。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20161006-024
  2. 20160806-05
  3. 20160102-02

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年2月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ

ページ上部へ戻る