記事の詳細

スポンサードリンク

Yちゃんは自宅に帰ってきてからも酸素をしています。
今日は在宅酸素を終了するタイミングについてです。
新生児科の主治医の話。

未熟児・早産児・低体重児のYちゃんブログ。

未熟児・早産児・低体重児のYちゃんブログを更新しています。
平成25年(2013年)12月29日に超低出生体重児(早産児、未熟児)として
妊娠22週で、284グラムのYちゃんを出産しました。

2016年2月28日(日)

今日は訪問看護は入らない日。
パパとYちゃんを沐浴させました。

20160228-30

ママの足のねんざはは完治まで時間がかかります。
整骨院がお休みの日以外の毎日、治療に通っています。

最近忙しいと思ったら・・・
整骨院通いに時間を取られていることわかりました。

さて今日は先日の外来で主治医の新生児科の医師からの話。。。
Yちゃんは生まれてからずっと酸素を入れています。
はじめは口から管を入れて、それから呼吸器そしてカニュラです。
カニュラになってから自宅に帰ることができました。

昨年(2015年)12月の循環器の受診。
経過が良いので昼間の酸素はしない方向へ。
夜間は酸素をしています。

「いつ夜間の酸素が取れるかなーー?」
と私も訪問看護師さんたちも興味津々。

主治医からは
「来月の循環器の結果をみて夜間の酸素はやめてみましょう」
という話が!!

やったぁ、Yちゃんすばらしい!!

そして今月は吸入しているパルミコート。
コレを中止することに・・・

パルミコートは喘息の子が使っているお薬。
これを転用。

Yちゃんがゼコゼコするので使っていました。
退院したときには1日2回。
数カ月前から1日1回となっていました。

パルミコートはステロイド剤。
使わないに越したことはない!

いいぞ、Yちゃん!このまま酸素とバイバイしよう(@^^)/~~~

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20160102-02
  2. 20161006-024
  3. 20160821-16

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ページ上部へ戻る