記事の詳細

スポンサードリンク

PIC_6404
 
超低出生体重児(未熟児)・早産児として284グラムで生まれたYちゃんの
成長記録。
NICU(新生児集中治療室)GCU(継続保育治療室)での過ごし方などを記載。
 

平成25年12月29日(日)誕生。生後1年0ヵ月目、修正9ヵ月目に入りました~(^.^)/~~~
1歳の誕生日はGCUで迎えて、看護師さんたちに盛大にお祝いをしてもらいました。
感謝しています。
 

超低出生体重児(未熟児)として小さく生まれましたが、それでも
懸命に生きてくれていることに感謝しています。
 

NICUには、8ヵ月入院。その後8月29日よりGCU。GCUでは、5ヵ月目。
 

毎日の日記を書くことにより、超低出生体重児(未熟児)、早産児のパパママたち
の励みになれば幸いです。
 

***************************************
今日は、朝の7時半から谷保天満宮にて、まるかんの代理店の
人達と集まりがありました。

終わったのは、9時でした。
10時から病院の面会を予定していたので、その後の食事と
お話はご遠慮して、谷保から府中にでて、バスにて病院に
行きました。
9時40分に着きました。
朝食はしていなかったので、病院のローソンでパンを買って
1個食べました。
病院の廊下に机といすがあり、そこでは飲食ができるので、
坐らせてもらって、食べました。
 
10時になり、食べ終わったので、受付を通って、病棟へ入り
ました。
今日の担当さんは、Yちゃんの受け持ちさんでした。
すでに沐浴の準備が整っていて、これから沐浴をするところで
私が来るのを待っていてくれたようです。
その時に、看護相談のH口さんが来てくれて、担当さんに
「お手伝いすることはありますか?」
と言われました。
担当さんは、
「お手伝いしていただいても、いいですか?」
と聞き直し、Yちゃんの沐浴を手伝ってもらうことにしました。
さて、ベビーバスが来ました。
担当さんが、Yちゃんを持ち上げて、バスの中で支えて、
お鼻をH口さんが押えてくれました。
その他、応援に来てくれた看護師さんはコットのシーツなどの
リネンの取り換えをしてくれました。
 
私は、Yちゃんを洗ってあげました。今日は帽子も取ったので
ガーゼを濡らして顔を拭ってあげて、そして石けんを取り出して
頭、手、首、胸、腹、足、背中の順で洗ってあげました。
「Yちゃんは重くなったので、家に帰ってきたときにお風呂に
入れるのが心配」
という話をしたら、今日は、看護相談の看護師さんがいてくれた
ので、
「家に帰ったら、訪問看護のサービスを利用しますか?」
と今後のことをお話してくれました。
確かに、訪問看護に来てもらってプロがいてくれるときに、
沐浴ができれば、安心ができると思います
まだ、先のことなので、退院が近くなったら詳しくお話をしたいと
思います。
 
10時40分にリハビリの方が来る予定と聞きました。ボールなどで
遊んで待っていましたが、なかなか来てもらえず、
その間に、担当さんとお話をしているうちに
「先生が、呼吸器の呼吸回数を3に変更したそうです。」
と言われました。
先生が来たとき、9時20分にさっと、回数を変更していったようです。
担当さんも知らなかったようで、(パソコンの画面を見て知った
そうです)
「先生、変更教えてよ~」
と言いつつ、私に変更を教えてくれました。
胃管チューブから、シリンジで胃の中のものを引きました。
血が混じっていました。
昨日まで、胃炎などの症状を緩和するお薬をいれていましたが、
入れなくなったそうです。でも、まだ血が出ているようです。
Yちゃんはちょっとしたストレスでも、こうやって胃液に
血が混じってしまいます。
 
リハビリの方が来てもらえたのは、11時25分。
前の子のリハビリに時間がかかっていたそうです。
面会が始まる11時半には、退出しなければならないため、最近の
Yちゃんのリハビリの様子を聞きました。
 
Yちゃんは最近ボールを使って遊んでいるそうです。ボールは
発達を促すために、両手で持たせているそうです。
また、小さなプラスチックの洗濯板に、何本かの糸を渡らせて、
その糸には大きくて、さまざまな形のビーズが入っていて、
Yちゃんが手で触ると動くようになっていました。
 
コットの上で、うつ伏せになることはしているそうですが、
寝返りをするには、コットが小さすぎるので、外に出してする
リハビリをしているそうです。
外に出して、おしり坐りをさせて、顎を支えて、姿勢を正せる
ようにしたり、おもちゃで釣って、おもちゃを目で追いつつ、
姿勢を正せるようにしているそうです。
こうすることで、腹筋や背筋、胸筋もついてきて、姿勢が保てる
ようになるそうです。
 
話をしているうちに、
「回診でーす」
と、お部屋の看護師さんが言って、私はおもちゃを片づけて
帰りました。
リハビリは回診中もできるようで、このまま、やってもらいました。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20160102-02
  2. 20160806-05
  3. 20151229-01

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年2月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ

ページ上部へ戻る