記事の詳細

スポンサードリンク

今日は、パパも面会に行くというので、夕方に面会に行きました。

 

 

昨日の様子から、容体は安定しそうなので、お昼間の面会でなくて、
大丈夫だと思いました。
 

先生からのご説明は、基本的にお昼間の面会の時に、説明があります。
昨日の様子が不安の様子だったら、今日もお昼間に行こうと思った
のですが、大丈夫そうだったので、夕方に面会しました。
 

18時45分~ 20時
 

寒い雨の一日になりました。
 
 

夕方から家をでて、少し離れた場所にある魚さんでお刺身と、さんまを
購入して、それから病院に行きました。
 

私は病院に用事があったので、先にパパがGCUに入りました。
 
 

私が入ると、Yちゃんはパパに抱っこをされていて、よくおしゃべりを
していました。
パパはそれを動画で撮っていました。
 

その後、おしゃぶりをくわえさせると、よく吸っていました。
容体はとても安定していました。
 
 

点滴は変わらず、供給酸素量は37%。心拍は低く、90台から100台。
サチュレーションも99や100%を出していました。
 

看護師さんからは、
「とても安定しています。サチュレーションもいいので、少し酸素を
下げれるかもしれません」
とのことでした。
 

私は、心拍が低いのが気になって質問すると
「眠る薬を入れているので、低くなっています。先生からは、この薬を
いれると、70台まで下がることがあるけど、大丈夫と言われています」
と答えてくれました。
 
 

パパはしばらく、20分くらい抱っこをして、私と交代をしました。
私に抱かれると、眠いようでしたが、それでも懸命におしゃぶりを
すっていました。
 

ときどき、眠くておしゃぶりを忘れてしまうのですが、それでも
思い出したように、吸っていました。
 

30分間、抱っこをして、パパも待っているのでコットに戻しました。
Yちゃんは、結局、眠たそうにしていた割に、眠ることはできなかった
ようです。
 

コットに戻すと、目をパッチリと開けていました。
ただ、顔色もよく、口元もあひるのように、ひらたい唇をしていました。
こういう表情のときは、満足したときにします。
 

しばらくこの表情は見ていなかったので、Yちゃんは、呼吸が苦しい時期が
続いていたのかも、しれません。
 
 

1週間前くらいから、呼吸が苦しいようで、サチュレーションが下がることが
多くなり、また、面会中でも大泣きすることが多かったです。
 

大泣きすると呼吸が苦しくなって、さらにサチュレーションが下がるという
あまりよくないスパイラルだったため、
 

ここで、しっかりと点滴でステロイドを入れてもらったのは、Yちゃんにとって
良かったことだと思います。
 
 

ただ、点滴をすると沐浴ができないこと。そして、退院が遠のくことは確かです。
しかし、冬の間は、風邪の菌が蔓延するので、どうしても退院ができないので、
どちらにしても、冬を越して、暖かくなったころに退院です。
 
しっかりと、治療してもらいましょう。
Yちゃんの安らかな顔を見れて、よかったです。

 

日本の最先端の新生児医療は、最高です!
主治医のM先生の治療は、最高です。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20151029-006
  2. 20160102-02
  3. 20161025-33

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ページ上部へ戻る