記事の詳細

スポンサードリンク

超低出生体重児(未熟児)・早産児として284グラムで生まれたYちゃんの
成長記録。
NICU(新生児集中治療室)GCU(継続保育治療室)での過ごし方などを記載。
 

平成25年12月29日(日)誕生。生後13ヵ月目、修正9ヵ月目に入りました~(^.^)/~~~
 

超低出生体重児(未熟児)として小さく生まれましたが、それでも
懸命に生きてくれていることに感謝しています。
 

NICUには、8ヵ月入院。その後8月29日よりGCU。GCUでは、5ヵ月目。
 

毎日の日記を書くことにより、超低出生体重児(未熟児)、早産児のパパママたち
の励みになれば幸いです。
 

***************************************

昨日、連絡がきて、実家の両親がYちゃんに会いたいそうで、
本日は一緒に面会に行きました。
実家の両親は月に一度、Yちゃんに面会をしてくれています。
私は毎日面会をしているので、分からないですが、1ヵ月に一度
という久しぶりに面会すると、かなりYちゃんの様子も変わっている
そうです。
 
9時半に家に来てくれたので、NICU、GCUの受付を10時3分に通過して、
10時10分くらいのNICU、GCU病棟に入りました。
病棟の廊下で病室に入る前に、手洗いをするのですが、当直室から
NICUのときの担当医(女性)が出てきました。
当直といっても、10時まで仕事をしているのですから、激務ですよね~
 
さてまずは、おばあちゃんと一緒に面会をしました。
今日は、新年はじめて、主治医の先生がいらしたので、
「今年もよろしくお願いします」
と挨拶をしました。
 
Yちゃんのところへ行くと、機嫌よさそうにしていました。
担当さんによると、一番で沐浴をさせてもらったそうです。
気持ちよさそうにしていました。
ミルクの時間でもなかったので、すぐに抱っこをさせてもらいました。
 
母乳は、搾乳をやめる宣言をしてから、2週間ほどたち、私も心の
整理がつきはじめたので、やめることにしました。
母乳を渡すときに
「最後の母乳です」
とお渡ししたら、
担当さんが
「最後なら、先生の許可を取って母乳綿棒にしましょう」
と言ってくれました。
 
抱っこをして、おばあちゃんによく顔を見せあげました。
昨日100円ショップに行って、ビーズとテグスを買ってきて、握り棒
のようなものを作りました。
それを持っていき、遊んであげました。握り棒の両脇には、鈴をつけて
音が鳴るようにしました。
Yちゃんに好評でした。顔色も良かったです。
 
途中で、おじいちゃんに代わりました。
その間、私は抱っこをし続けていました。
母乳が温め終わって持ってきてくれました。綿棒に母乳をつけてから、
Yちゃんのお口に持っていき、お口に含ませました。
やはり、いきなり口の中にいれると、
「おえ~」
というので、ゆっくりと唇の上に綿棒を置いて、少し吸わせて
から、お口の中に入れると大丈夫そうです。
何度か繰り返して、もう口を開けなくなったので、やめました。
今日は、1時間くらいで帰りました。
 
新年ということで、今日は帰りにスーパーによってお寿司を買って
帰りました。
パパは家にいたので、4人でお寿司を食べました。
Yちゃんの1年のお祝いもあって、ケーキを買っておやつに食べました~

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

Yちゃんのパパが本を出しました。

最近の投稿

おすすめ記事

  1. 20161025-33
  2. 20160102-02
  3. 20161018-11

アクセスランキングトップ10

カテゴリー

2018年5月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ページ上部へ戻る